携帯するだけで
身の回りをクリーンにする!!

V-エア ブロッカー

V-エア ブロッカーは、
こんな所で使用されています。

 EPA(米国環境保護庁)とは、日本における環境省にあたる機関で、司法捜査権を持った捜査官と水、大気、土壌、生物、衛生、法律などの専門官により構成されたアメリカ合衆国の環境政策全般を担当する行政組織である。

 EPA の目標は、人の健康および、大気・水質・土壌などに関する環境の保護・保全と位置づけられており、大気汚染、水質汚濁、残留農薬等による食糧汚染や、有害化学物質による環境汚染、廃棄物処理や管理に伴う汚染の拡散などの防止対策や、地球規模の環境問題のリスク削減などに関する規制措置、環境情報の整備、環境教育の支援などを通じて、住民の参加や意思決定の材料等を提供している。

 抗菌剤の認可はEPA の所管になり、人の健康や生態系に影響を与えると考えられる薬剤を使用するためにはEPA に物質登録することが義務づけられ、化学物質の安全性および環境リスク評価に高い安全基準が設けられている。

V-エア ブロッカーは、EPA 許可証を取得した商品です。

パワーの秘訣!固形二酸化塩素!!

二酸化塩素とは?
二酸化塩素にはウイルスや悪臭を酸化し、元から破壊する力があります。
世界有数の厳しい評価基準を持つFDA(米国食品医薬品省)やWHO(世界保健機構)などで安全性が
証明・保証され、アメリカ・カナダ・欧州などにおいても、すでに浄水やプールに注入され使用されています。
日本でも厚生労働省により水道水の処理やプールの消毒に使用が認められています。

二酸化塩素は、標的とするウイルス・細菌の
タンパク質や悪臭の原因物質を酸化分解します。

二酸化塩素によるウイルスに対する検査データ

V-エア ブロッカーの主成分である二酸化塩素によるウイルス不活性化効果は財団法人北里環境科学センターの調査で認められています。

 二酸化塩素は通常の塩素と比べ、約2.5 倍の強力な殺菌力(酸化剤)を持ち、その殺菌速度は塩素の約3倍です。また、大腸菌やアトピーの症状を悪化させる原因の一つ、黄色ブドウ球菌はもちろん、真菌類(白癬菌など)、藻類、ウイルスなどに広範囲な除菌力を発揮し、現在関心の高い新型インフルエンザウイルスに対しても高い不活性化効果が認められています。

二酸化塩素による細菌に対する検査データ

設置した3 時間後には微生物数は元の約100 分の1 に減少していました。

[目的]約1 ㎥の密閉空間に二酸化塩素固形剤(V-エア ブロッカー)を設置した時の微生物に対する殺菌効果を判定。

[試験方法①]殺菌効果
約1 ㎥の密閉空間の中心位置にV-エア ブロッカー1 個(7.5g)を設置。
約1×105 個の微生物を塗抹した培地をV-エア ブロッカーの直近及び30cm 離した位置に設置し、一定時間後に培地を35℃のインキュベーターで培養して生存する微生物数を測定。

[試験方法②] 二酸化塩素濃度
上記密閉空間中の二酸化塩素濃度を、ガステック検知管を使用して測定。
[使用微生物] 表皮ブドウ球菌 [微生物設置時間] 0 時間(コントロール)、1 時間、3 時間、6 時間。 [試験温度] 室温

試験機関: メイプルバイオラボラトリーズ

二酸化塩素ガスにより、花粉・ダニの
精製抗原(抗原タンパク質)を減少させます。

二酸化塩素による花粉に対する検査データ

二酸化塩素ガスにより、8 大悪臭の元になる物質を
化学的に酸化分解します。

二酸化塩素による消臭に関する検査データ

二酸化塩素は環境省が指定する『8 大悪臭』に対しても、消臭力を発揮します。

日常で気になる臭いであるアセトアルデヒド(タバコの臭いなど)、アンモニア(トイレの臭い・肉の腐敗臭など)に対して行った実験では、臭いの成分濃度が減少していることがわかります。

二酸化塩素(水溶液)の安全性は
様々な機関に認定されています

二酸化塩素の安全性に対する公的認定の一覧

第25 回 東京ビジネス・サミット
大賞受賞!!

今後の注目されるべき企業が集うビジネスイベントで、
V-エア ブロッカーが大賞を受賞しました。

3個以上ご購入で、送料無料!

V-エア ブロッカー単品

V-エア ブロッカー3個セット

外装サイズ: 80mm(W)×115mm(H)×15mm(D)
商品サイズ: 95mm(W)×75mm(H)
固形剤成分: 亜塩素酸ナトリウム、焼成マグネシウムケイ酸塩
使用期限: 未開封1年 / 開封後1ヶ月 ※製造日は箱上部に記載しております。

≪V-エア ブロッカー: 使用上の注意≫

  • 就寝中のご使用はおやめください。
  • お子様がご使用の際はストラップのご利用に十分ご注意ください。
  • 乳児には使用しないでください。
  • 素肌に直接触れるようなご使用はおやめください。
  • 固形剤が入っている不織布を破かないでください。
  • 使用中に違和感を抱いた場合は、直ちに使用を中止してください。
  • 本品は食べられません。また、用途以外使用しないでください。
  • 誤って飲み込んだ場合は、直ちに医師の診察を受けてください。
  • 目に入った場合は、大量の水で洗い流し、直ちに眼科医の診察を受けてください。
  • 高温及び長時間の直射日光があたる場所での使用はお控えください。
  • 風の強い屋外や、空調の強い屋内では、有効性が裏付けられておりません。
    なるべく空調の弱い屋内、室内、車内などでご使用ください。
  • 水に濡れないようにしてください。有効性がなくなります。
  • 火気に近づけないでください。
  • 廃棄の際は、ケースから中身を取り出し、各自治体の廃棄区分に従ってください。
    詰替用の固形剤をご用意することで、ケースは引き続きご使用いただけます。
  • 色物衣類のポケットやカバンなどに入れて使用しないでください。